[セッションレポート] SEC201 – How Should We All Think About Security?

佐藤

2015.10.8 5:28 by 佐藤

どうも、初日の初回はセキュリティのッションに出てみました。

セッション概要

セッション情報
タイトル How Should We All Think About Security?
トラック SEC201
レベル Introductory
講演者 Stephen Schmidt

レポート

12036499_10207406486741329_5654046368054164114_n
12143211_10207406494461522_7453184683682339910_n

Amazon Inspector

12079475_10207406489381395_7563275327755245672_n
Amazon Inspector の機能として5つ紹介

12112169_10207406489701403_7767970401244173052_n
ルールセットとして6つ紹介されています。

12049383_10207406489941409_6896988523921266992_n
ベネフィット

12111927_10207406490141414_8918845096973313509_n
使い方

12106893_10207406490421421_2647776112297694503_n
操作画面

AWS WAF

12108045_10207406490821431_7541832276266752622_n
AWS WAFの機能5つ

12074952_10207406491141439_6604980512457439978_n
ベネフィット3つ

12112428_10207406492021461_5141758081584069356_n
WAFの動作

12072774_10207406492181465_3999240342303279171_n
インテグレーター

AWS Config Rules

12105837_10207406492541474_8637201911819994404_n
AWS Config Rulesの機能

12112169_10207406489701403_7767970401244173052_n
Rulesets

12096067_10207406493021486_1968729598159286488_n (1)
ベネフィット

12043181_10207406492781480_5573508441975500340_n
ソリューション

Making life

12065494_10207406494021511_4182593011847042552_n

Ocedo for AWS

12079264_10207406494221516_5629804001583922528_n

12079086_10207406509221891_7319676828139713399_n

12079064_10207406494621526_4545583431551727810_n

12088489_10207406506941834_144786203432238863_n

12079475_10207406489381395_7563275327755245672_n
紹介

Security by Design

12112501_10207406507621851_6650423682147178950_n
セキュリティデザイン

AWS Security Team

12107880_10207406508221866_2414610827368680194_n
4つあります。

Security ownership as part of DNA

12065980_10207406508381870_4219882333901807322_n

Security Traning

12079086_10207406509221891_7319676828139713399_n
新設されました。
3つのエデュケーション

まとめ

12047117_10207406784028761_6141515068586556667_n

12105710_10207406510021911_2038945478159601313_n

まとめ

基調講演で発表でもあった

  • Amazon Inspector
  • AWS WAF
  • AWS Config Rules

の紹介がおこなわれていました。
これはは、今後AWSでのセキュリティでは重要な位置を占めると感じました。

他には

  • Ocedoの紹介
  • AWSでのセキュリティデザイン
  • AWS Secutity Team
  • Security ownershi as part of DNA
  • Security Traning

など、紹介されていました。

この記事を書いたスタッフ

佐藤

佐藤

 

TOP