[セッションレポート] STG403 – Amazon EBS: Designing for Performance

石田知也

2015.10.8 4:55 by 石田知也

cloudpackの石田です。ストレージサービスEBSのDeep Diveセッションに参加しました!

セッション概要

セッション情報

タイトル:Amazon EBS: Designing for Performance
トラック:STG403
レベル:Expert (400 level)
IMG_0694

EBS overview

先のセッションの記事をご参照ください。

パフォーマンスを考慮した設計

まずは基本のおさらい。単語から。
IMG_0698

E2とEBSの間はNW経由でデータがR/Wされる。
IMG_0699

全てのI/Oは、I/O domainを経由してEBSにR/Wされる。
IMG_0700

パフォーマンスを確保するために紹介していた手法は主に以下のとおり。
-EBS optimized instanceを選択する。
-SSDタイプを利用する。
-EBSをStriping構成にする。(RAID 0 or LVM stripe)
-CloudWatchで性能をモニターする。

セッションのまとめ

深海3000mくらい潜りたい。。。(謎

この記事を書いたスタッフ

石田知也

石田知也

 

TOP