[セッションレポート] MBL314 – Building World-Class, Cloud-Connected Products: How Sonos Leverages Amazon Kinesis

廣山豊

2015.10.8 17:55 by 廣山豊

廣山です。

今回のセッションは、SonosがどのようにKinesisを利用しているかについてです。

re:Invent2015は大盛況。全セッションからの移動が大渋滞で到着が遅れたこと、予定時間の半分ほどで終わってしまったことから、このセッションレポートはサラッと流させてもらいます。

セッション概要

セッション情報
タイトル Building World-Class, Cloud-Connected Products: How Sonos Leverages Amazon Kinesis
トラック Mobile Developer & IoT
レベル Advanced
講演者 Mark Morganstern, Devon Lazarus

レポート

th_MBL314

What is “Sonos”?

th_FullSizeRender-20

ワイヤレスネットワークオーディオシステムです。
セッション聴講者の多くが知らないようでした。
サーバー上やストリーミングサービス上の音楽を再生出来てしまいます。
詳しくはコチラで。

Sonosのアーキテクチャ

th_FullSizeRender-19

以前はSQSとEC2(Kafka)にて、自身で実装していた模様です。
どのような理由で、乗り換えたのでしょうか?

Kinesis vs. Kafka

項目 Kinesis Kafka
メッセージサイズ制限 Max 1MB 調整可能
パーティションキー Streams Topics
アクセス可能期間 24hr 調整可能
データ格納ライブラリ KPL low-level API
可用性 3箇所AZ 要調整

まとめ

  • 先のLambdaも然り、マネージドサービスの方がやるべきことに集中できる
  • 可能であればマネージドサービスを優先的に検討したい

この記事を書いたスタッフ

廣山豊

廣山豊

 

TOP