海外出張時の便利グッズ・持ち物

2015.9.7 20:45 by 後藤 和貴

a1180_004246_m

こんにちは、後藤です。

re:Inventをはじめとした海外トラベル時に有用なもの、もちろん国内前提でも便利だろうと思われるものをまとめてみます。

海外出張に必須のもの

パスポート

当たり前ですね。もっていなければ新規取得が必要です。また期限が迫っている場合(90日以内)も渡航前に更新が必要です。

申請に当たっては戸籍謄本など必要書類があります。また申請から発行まで一般的には1週間以上かかります。渡航直前ギリギリにならないよう注意してください。くわしくはこちら

ESTA番号

ESTAとは米国政府が特定の国に対して特定の条件を満たせばビザなしで米国に滞在できるようプログラムのもと、渡航認証を取得するためのシステムの名称です。正式名称は “Electronic System for Travel Authorization”。

参考: ビザ免除プログラム

要するにVISAの変わりに米国に入国するために必要な登録番号って感じです。登録は至って簡単で費用はかかりますが、クレジットカードさえあればウェブで行えます。

ESTA – 電子渡航認証システムへようこそ

忘れていて空港にいっても15分で申請はおわるので慌てずに対応しましょう。実際去年そういう方がいましたw

米ドル

アメリカにいくので当然米ドルは必要です。しかしホテル、レストラン、タクシーなど、ほとんどのものがクレジットカードで支払えて便利なので、現金を多く持っていく必要はないと思います。ハウスキーピングやレストランでのチップくらいかと(一応レストランはカード支払い時にチップを入れることができる)。

しかし場所がラスベガスということで、カジノでの活躍される方は現金が必要です。事前に予算を決定される場合にはその分を、そうでは無い方にはオススメの方法があります。それは銀行口座からの出金です。かなりの額をプレイする方は多くの現金を準備することになりますが、持ち歩くのは危険です。そのため多少手数料がかかりますが、海外での出金が対応可能な口座があれば、それを利用するのが安全です。もしかしたら危険かも!?

参考: 海外で現地通貨が引き出せる!国際キャッシュカード [銀行・郵便局] All About

自分の場合はたまたまシティバンクの口座をもっているため、そのまま必要なときに出金してました。可能だとしても自制心を持って引き出してください!

スーツケース

まぁ、1週間ほどの出張になるので当たり前ですね。個人的な趣味で言えば、軽くて、丈夫で、4輪のものが好きです。特に海外で1週間近い荷物の量とスーツケースをもって移動する距離があると最後の条件「4輪」が聞いてきます。2輪で引っ張るタイプのものだと荷物が多いと単純に疲れるし、さらに手持つが多くなったときは単純に上乗せになり、腕が疲れます。できるだけ空港内のようにタイヤが転がりやすい場所で楽できる4輪をオススメしておきます。

ちなみにサイズですが、旅慣れてくると移動を楽にしたいので小さくしたくなりがちですが、頻繁に行かれないようであればお土産などのことも考え、やや大きめがいいかなと。たとえば地球の歩き方では、1週間くらいの場合 60〜89リットルサイズをオススメしているようです。

旅の裏ワザお教えします(スーツケース・旅行かばんの選び方)

自分の場合は61リットルのREMORA SALSAを使っていて、無駄な荷物を持たずにいき、帰りにお土産含め、ギューギューにして帰って来るパターンがおおいです。

RIMOWA | Salsa Multiwheel® 61.0L mattblack Suitcase

楽な服

必須では無いですが、移動時はジャージのような楽なものがオススメです。いろいろな人と一緒に行動するのでキチンとした服が好まれる傾向にありますが、機内での過ごし方を楽にするため移動中は体を締め付けないタイプの服を着ていると疲れが確実に減ります。

軽く羽織れる上着

移動中に限らず、特にアメリカでは室内と室外の温度の差が大きいです。理由はエアコン。周りが砂漠地域のラスベガスとはいえ室内はそうとうキンキンに冷えているので、日本同じ季節感よりも寒めを前提として、一枚上着(ジャケットやカーディガンまたはニット)をもっていくべきでしょう。

ちなみに砂漠地域で湿度低い地域のラスベガスは外の気温も日中と夜で大きく変化するので、外に出る場合にも念のため上着を持った方がいいです。

海外出国時に便利なもの

自動化ゲート

季節・時間帯によっては出国審査場が尋常じゃなく混んでるときがあります。そんなとき、もしICチップ入りのパスポートを持っている場合には、パスポートと指紋認証だけで通れるルートがあります。事前に登録が必要ですが、1度手続きすれば次回からは1分もかからず通れます。帰国時もスムースなのでぜひやりましょう。

法務省:自動化ゲートの運用について(お知らせ)

ただし出入国時のスタンプが欲しい方はやめましょう。自動化ゲートの場合はスタンプが押されません。ちょっと残念ですがそういうものなので…

プチアップグレード

海外出張時は、当然長距離移動ということもあり、狭いスペースに何時間もいなければなりません。みな同じ条件といえばそうなのですが、少しでも楽に移動したいという方向けにオススメなのは航空会社各社が準備している席のタイプで、エコノミーより少し広い席にアップグレードする方法です。ANAだとプレミアムエコノミー、Unitedだとエコノミープラス、その場でアップグレードだと数千円で可能です。各社条件は違いますが、少し広くなるだけでも快適度があがるので個人的にはオススメです。

ただしツアーなどの場合、席が予め確定されていて変更不可の場合もあります。ご注意ください。

携帯電話&モバイルWiFi

海外でもケータイが必須ですね。データ通信なども合わせて、別な記事でまとめます。

それほど便利ではないもの

トラベラーズチェック

ちょっと昔まで海外へお金を持ち出す際は現金ではなくトラベラーズチェックが良いとされてましたが、ビジネスで頻繁行くときに準備が大変なことや、トラベラーズチェックも紛失の恐れがあったり、現地で使えるところを探す必要があったりと何かと不便です。

すでに説明したとおり海外で出金可能な口座を準備しておいて、ATMから出金できるとベストでしょう。あとは手数料は高いですがクレジットカードの機能でキャッシュを得たり、カジノで勝ったり(?)代替策はあるのでトラベラーズチェックはそれほど必須なものではないと思います。

まとめ

ざっと思い付くままに、海外トラベルの際に必要なもの、あると便利なものなどを並べてみましたがいかがでしょうか?必須なものはそれほど多くありませんが移動を快適にする技はもっとたくさんあると思います。また気がついたら続きを書きますね。

この記事を書いたスタッフ

後藤 和貴

 

TOP